成功心理学

人生を豊かにするには「時間管理のマトリックス」を知っておくべきだった。

時間管理のマトリックス

\ Click me /

Free:毎日、成功の秘密を配信中♪

前回の記事では、時間とお金どちらが大切なのか?について、書きました。

結果、お金より時間を大切にしている人の方が幸福度は高いという研究結果になった。

今回は、時間に関する有名な考え方から、私達の時間管理を見直していきたい。

明快!時間管理のマトリックス

世界中で最も時間について分かりやすく分類した図が、以下の図1になると思う。

時間管理のマトリックス【図1】時間管理のマトリックス(画像:https://netacon.net)

これは、名著「7つの習慣(スティーブン・R・コヴィー著)」の中の

第3の習慣「最重要事項を優先する」で紹介されている「時間管理のマトリックス」の図である。

この図は、以下の4つの領域で形成されている。

 

時間管理のマトリックス 4つの領域

第一領域

必須:緊急性も重要性も高い

第二領域

価値:緊急性は低いが重要性は高い

第三領域

錯覚:緊急性は高いが重要性は低い

第四領域

無駄:緊急性も重要性も低い

この図は、横軸が左に行くほど「緊急性」が高い事項。

縦軸が上に行くほど「重要性」が高い事項になる。

 

第一領域は、重要かつ緊急な事柄で、

例えば、締切の迫っている仕事や取引先との商談、もしくは重大な病気や事故などがここに当たる。

第二領域は、重要だが緊急性は低いもの。

つまり、今すぐやらなくてもいいけど大切な事項。

例えば、将来への仕事や人生の計画、自己成長のための投資、将来のための友好な人脈づくりや健康のための運動・健康診断など。

第三領域は、緊急だが重要ではないもの。

つまり、自分の人生において、除外してもいいものだが、仕方なくやっているもの。

例えば、面倒な頼まれごとや、付き合いでの飲み会や無意味な接待。友達との仕方なしの買い物や付き合いなど。

第四領域は、重要でも緊急でもないもの。

例えば、意味のないテレビやゲーム、ネットサーフィン、SNSを見ることや、衝動買い、休息以上の睡眠など。

屋根を修理するなら・・・

ジョン・F・ケネディ

アメリカの第35代大統領ジョン・F・ケネディの有名な言葉に

「屋根を修理するなら、日が照っているうちに限る。」

(The time to repair the roof is when the sun is shining.)

という言葉がある。

これは、余裕があるうちに重要性の高いものに取り掛かるべきだという意味の名言だ。

 

先程の時間管理のマトリックスで言う、第二領域を意味する。

私達の生活では、第一領域を最優先するのは当たり前だが、

その次に優先する領域は、第三領域もしくは第四領域なのだ。

そして、優先度最下位は、第二領域になる人が多い。

 

健康のために運動をしなくちゃと思ったけど、休みが終わってしまった。

家族との時間を取りたいが、仕事を優先してしまいがちになる。

行きたくもない、上司との飲み会に毎週付き合ってしまう。

将来の起業のために、勉強をしようと思ったけど、ついついネットサーフィンして夜更かししてしまった。などなど。

そんな経験をした読者も多いのではないだろうか?

(もちろん、僕もあるが・・・)

 

人間の脳は、さぼりやすく、省エネ(決断を避ける)を好む。

生きていくためには、大半の人は仕事をしなくてはいけないので、第一領域は必ず習慣のように行う。

仕事で脳を使うと、脳の決断領域が仕事で使われるのと、それに伴うストレスが掛る。

すると、仕事が無い時間に私達は、できるだけ決断しないことを好む。

テレビなどの受動的なメディアは脳にとって報酬であり、糖質や高カロリー食にも手を出しやすくなる。

 

だから、仕方ないのだ・・・

 

と言ってしまうと、何の改善にもならないので、

次回の記事では、どのようにしたら

時間管理のマトリックスの第二領域を当たり前に取り組むことができるのか。

について、書いていこうと思う。

とりあえず、本日は第二領域へ取り組む時間が私達の人生を豊かにすることを覚えておいてほしい。

http://shoyotsuya.com/binaryoption-20180810/

あわせて読みたい
時間とお金
時間とお金どちらが大切なのか?2つの実験から分かった事実。Time is money.(時は金なり)と昔から言われいますが、 人生において、時間とお金を誰しもが無視して生きることは不可能で...