成功心理学

時間とお金どちらが大切なのか?2つの実験から分かった事実。

時間とお金

\ Click me /

Free:毎日、成功の秘密を配信中♪

Time is money.(時は金なり)と昔から言われいますが、

人生において、時間とお金を誰しもが無視して生きることは不可能でしょう。

では、果たしてどちらのほうが重要なのか。

今回は時間とお金について書いてみた。

お金と時間どっちが大切?

お金と時間、あなたならどちらが大切と答えるでしょうか?

もちろん、どちらも大切ですが、参考になる実験があったので紹介します。

 

スタンフォード大学のキャシー・モギナーとジェニファー・アーカーは、

14歳~50歳の道行く男女合計391人の被験者に以下の3種類のレモネードの看板を出して、

どの看板が一番集客できたのかを調査しました。

 

3種類の看板に書かれた文字
  1. ちょっと一息、レモネードをどうぞ
  2. お買い得です!レモネードをどうぞ
  3. レモネードをどうぞ

 

さらに、レモネードの代金は、お客に1ドル~3ドルの中で自由に決めてもらうようにしました。

果たして、一番集客できた看板はどの看板だったでしょうか?

 

レモネードの実験

 

答えは「ちょっと一息、レモネードをどうぞ」の看板でした。(14%の人が購入)

つまり、時間を売りにしたキャッチフレーズの看板が一番集客できたのです。

 

逆に、一番集客できなかった看板は「お買い得です!レモネードをどうぞ」でした。

(7%の人が購入)

この看板はお得感(お金)を売りにしたキャッチフレーズです。

 

しかも、購入者の1人あたり平均の支払金額にも差が生まれ、

「ちょっと一息、レモネードをどうぞ」の看板で購入した被験者は、2ドル50セント。

「お買い得です!レモネードをどうぞ」の看板で購入した被験者は、1ドル38セント。

という結果になりました。

(なんと、1ドル以上の差が生まれた。)

 

さらに、キャシーとジェニファーはレモネードだけではなく、iPod、ノートパソコン、ジーンズ、自動車などでも同様の実験を行い、

ほとんどの場合、メッセージの内容が「お金」より「時間」を売りにしたほうが、

購買意欲も単価も上がるという結果になりました。

 

「お金」よりも「時間」を売りにした商品の方が人は購入したくなり、

また支払う金額も高くなる。ということがこの実験から分かったのです。

お金と時間と幸福度

もうひとつ、時間とお金にまつわる実験を紹介しよう。

2016年1月に発表された

「Valuing Time Over Money Is Associated With Greater Happiness」

(お金より時間に価値を置くことはより良い幸せと関係している)

という論文から。(→原文はこちら

(論文のタイトルからネタバレはしているが・・・w)

 

この研究では合計で4,690人の被験者に、時間とお金に関わる6種類の検証実験をおこなった。

その実験のひとつに、被験者に2つの選択肢を提示して、どちらがより自分に当てはまるかを選ばせるものがある。

例えば、以下のような2択。

  1. ティナはお金よりも時間を大切にしています。彼女は多くの時間を得るために、喜んでお金を浪費します。
    例えば、ティナは長時間働いて多くのお金を稼ぐよりも、少ない時間働いて少ない収入の方を選びます。
  2. マギーは時間よりもお金を大切にしています。彼女は多くのお金を得るために、喜んで時間を浪費します。
    例えば、マギーは短期間労働で少額を稼ぐよりも、長い時間働いて大金を稼ぐ方を選びます。

 

このような、実験を繰り返すことにより、時間とお金が私達に与える影響が分かった。

研究の結果、お金より時間を大切にしている人の方が人生の満足度、幸福感が高かったという。

まとめ

今回は、時間とお金どちらが大切なのか?について実験から見てきた。

結論は、2つの研究結果から、私達はお金よりも時間に重要度をおき、

さらに時間を大切にしている人のほうが、人生の満足度・幸福度は高い結果となった。

 

賛否は色々あるだろうが、世界一の個人投資家と言われるウォーレン・バフェット氏は、

2017年に出演した、ブルームバーグのテレビ番組で披露したスケジュール帳には、

1週間の予定が3つしか書き込まれていなかったという。

それほど、束縛されず自由にできる自分の時間を優先しているのだ。

 

時間とお金は、私達の人生における永遠の課題だが、

人生は命という「時間」で成り立っているのは確かである。

決して、人生の最小単位はお金ではない。

あわせて読みたい
ジョハリの窓
自分が何をしたいのか分からない。そんなときはジョハリの窓を活用してみよう。自分が仕事で何をしたいのかわからない。 人生において、目標がなくて悩んでいる。・・・などなど。 人生で自分について悩んだこと...

http://shoyotsuya.com/binaryoption-20180809/