仕事ができる人の理由 「同じ時間仕事しているのに…」

四ツ谷祥 LINE
エリート 四ツ谷祥
画像:http://free-photos.gatag.net/

いきなりですが、

車のドライビング・テクニックを上達させたかったら、

どうすることが一番でしょうか??

 

答えは、

長時間運転することです。

 

と答える人がいますが、

 

もし、長時間の運転が正解であれば、

タクシーの運転手が

ドライビング・テクニックが上手いことになります。

 

しかし、タクシーの運転手は

F1レースは走れません。

 

ドライビング・テクニックでいうと、

F1レーサーのほうが上なわけです。

 

では、長時間の運転ではなくて、

何が技術を向上させるのに必要でしょうか??

 

その答えは、

考えながら走っているか。

です。

 

F1レーサーは、

毎回、コースの状態やマシーンの状態、

天候や走っている時のマシーンの癖など

ありとあらゆることを考えながら、

最速を目標に走ります。

 

かたや、タクシーの運転手は、

恐らくそんなことは考えていないでしょう。

 

つまり、一回一回の

運転に目標をもって、

考えながら走っているかで

技術の身につき方は変わってくるのです。

 

 

 

これは、仕事でも同じことが言えます。

一回一回の仕事を考えながらやっている。

 

さらに言うと、その仕事が

自分自身にとってどんな意味があり、

どんな結果を出せばいいのか

を考えながらやっている人は成長が早いです。

 

僕自身も、脱サラして個人事業主として働いていた頃、

教えてくれる人がいましたが、

同じ時期に同じ環境で

脱サラした他の人よりも断然に速く成果を上げてきました。

 

それは、なぜかと言うと、

単純に考えながらやっていたからです。

 

一回一回のアポイントでどんなスキルを身につけるべきか。

目の前の人との出会いがお互いにとってどんなメリットがあるのか。

どのようにすれば、速く収益が上がるのか。

 

などなど。

 

言われたことは出来るけれども、

支持が無いと、なにもできない人がいます。

 

 

言われた会議には出席して、

言われた仕事は、言われた通りにこなす。

 

素晴らしいことですが、

ひとたま、支持してくれる人がいなくなった瞬間に、

この人は、何も生み出せなくなってしまいます。

 

なぜならば、今まで考えてやってこなかったので、

技術が向上していないのです。

 

 

要するに何が言いたいのかというと、

人よりも早く成功したい、成果を出したいと思っている人は、

 

一回一回の行動を

「なんのために」

するのか考えながらやることが重要です。

 

 

僕が脱サラして、

少し事業が軌道に乗り始めた頃に、

ある脱サラ希望のサラリーマンと会ったことがあります。

 

そのときに、その人から

言われた一言が、今でも僕の中に残っています。

 

その人は、とても勉強熱心で、

100冊以上の自己啓発本を読んできたのですが、

 

 

僕と話している最中に言ったことが、

 

「結局、どの本にも同じことしか書いてないですよ」

 

と溜息混じりに言ったのです。

 

 

僕はその時に、衝撃を受けました。

 

 

なぜ衝撃を受けたのか分かるでしょうか??

 

 

その人は、

答えが目の前にあるのに、見えてなかったのです。

 

 

どの本にも同じことが書いてある

ということは、

同じことをしたら、成功するということです。

 

 

しかし、その人は、

本を読むこと

しか考えておらず、

 

その本から、

何を学び、

自分の人生のどのようなことに活かし、

どんなことを達成したいのか。

 

を考えていなかったのです。

 

つまり、先ほどの例え話の

タクシーの運転手と一緒だったのです。

 

 

是非、一回一回の行動を

なんのためにするのか意識して

行動してみてください。

 

ここまで文章を読んでいただき感謝していますが、

 

ちゃんと考えながら読んでいましたか??