ネットビジネスは人に会う必要がないのか?

四ツ谷祥 LINE
四ツ谷祥 ネットビジネス
画像:http://free-photos.gatag.net/

今日は、オフィスでの望年会です。

シェフの料理が半端無く美味そうで、準備段階からお腹が空いてます。笑

 

ネットビジネスと聞くと、

多くの人が「人と会わずに成り立つ仕事」

とイメージすると思います。

 

もちろん、ネットだけで収益を上げるのであれば、間違いではありません。

 

人に会わずに収益を上げることは十分に可能です。

それが、ネットビジネスの魅了だったりします。

 

僕自身もネットから収入が入り始めた頃は、

それまで、人に会うことを仕事にしていたため、

人に会うことに嫌気がさして人に会わなくなった時期がありました。

 

 

しかし、一週間オフィスにこもり、

パソコンでひたすら作業をしていた時期に、

あることが起こり始めたのです。

 

 

それは、自分の考え方がどんどんネガティブになって、

身の回りで悪いことがどんどん起こってきたのです。

 

一緒に仕事をしていた人とトラブルになり、

主要だった仕事もどんどん減っていってしまったのです。

 

そして、お金も出て行く一方になってしまい・・・

 

 

このままではダメになったしまうなと感じた時期がありました。

 

 

そこで、僕自身が人生の中で上手くいっていた瞬間、

良いエネルギーサイクルを生んでいた時期は、

どのような時期だったか振り返ってみたのです。

 

 

そう思い返してみると、

仕事が上手くいって、ポジティブな考えをできていた時期は、

 

アクティブに動いている人と色々会っている時期だったのです。

 

 

 

情報という言葉は、

文字通り「情」が入った「報告」と聞いたことがあります。

 

ようは、情報は必ず誰かを介して

来るものだからこそ、情報なのです。

 

 

そして、もう一方気づいたことは、

人は言語という道具を持っている以上、

それを使わないといけないのだ。ということ。

 

言葉を使うことによって、エネルギーの循環が生まれて、

新しい発想、新しいお金、新しい人脈が入ってくるのだと。

 

そして、ひとつの場所に留まらず、

行動を起こし続けることで、新しい流れが生まれることも経験しました。

 

 

なんといっても、仕事というものは、

人と会って、新しい情報に触れてこそ生まれるものなのだと、

最近では思っています。

 

話が長くなってしまいましたが、

冒頭の話に戻ると、

 

僕自身は、ネットビジネスというよりも、

ビジネスだからこそ、

新しい出会いを作り続けないと

自分自身も、ビジネスも廃れていってしまうなと思います。

 

今日の望年会でも、素敵な新しい出会いが沢山ありそうです。