成功心理学

50年間の調査結果で分かった「異性と素敵な関係が長続きする14の秘訣」

恋愛関係が長続きしている

\ Click me /

Free:毎日、成功の秘密を配信中♪

人は誰かを好きになって、上手くいけば付き合うことになります。

付き合ったあとは、なるべく長続きしたい。

そう思うのが当然だと思いますが、残念ながら別れが来てしまうこともあります。

では、どのようなカップルや夫婦が長続きしているのか?

異性と素敵な関係が長続きする14の秘訣

イリノイ大学のブライアン・オゴロスキー博士が出したレビュー論文が面白かったので、

今回紹介したいと思います。

オゴロスキー博士は、1950年から2000年までの50年間に書かれた、恋愛に関する論文を調査しまくって、

素敵な恋愛関係を維持するために必要なことは何か?

を徹底的に調べて、まとめ上げました。

調べた論文の数は1100本。相当な数ですね。

その結果わかったのが、素敵な恋愛関係を継続している人は、以下にあげる14のポイントがあったそうです。

1. 思い込み

恋愛関係が長続きしているカップルは、思い込み(幻想)を抱いていることが多い。

大抵は、現実より自分のパートナーが頭がよく、顔もいいと思い込んでいる。

そして、自分たちの関係は特別なものだと思いこんでいる傾向がある。

 

これだけ見るとイタイ人ですが(笑)

恋は盲目といわれるくらい、思い込んでいるということですね。

ちなみに、自分は平均よりも優れていると思うバイアスのことを「優越の錯覚」というので、このバイアスも働いていますね。

2. 衝突の直接解決

2人の間で問題が生じたときは、気持ちを隠したり、

時間の解決にまかせるのではなく、常に意識的な解決をする。

どちらか一方が我慢したり、その場で解決せずにいずれ分かりあえるだろうと思っていると、ダメだということですね。

目に見えて、2人が解決策を練った事実があることが重要ということです。

お互いに、解決へ向けて努力していることを認識することが大切なのですね。

3. ポジティブ解釈

もし、パートナーが間違えを犯してしまったとしても、なるべくポジティブに解釈をしてあげることが大切。

例えば、相手が不機嫌だとしても、「なんて自分勝手で、ワガママな人なの!」と思わずに、

「何か、仕事で嫌なことがあったのかな」とか「体調が優れないのかな」など解釈する。

 

オゴロスキー博士も、

「もし、パートナーに過ちがあったとしても、それを正当化する理由はいくらでも思いつくはずだ」と言っている。

4. 許すが、許しすぎない

多くの研究は、より良い人間関係を維持するには「許し」が必要なことを証明している。

しかし、オゴロスキー博士は「もし常に相手に許しを与えていれば、

いずれ効果は限界点に達して、逆に相手から利用されるようになる。

これは、メンタルヘルスを損なうもとだ」と言っている。

「許すが、許しすぎない」という線引が重要なのですね。

(なかなか、難しそうだ)

5. 相互補助

学問の世界では「円滑化」と呼ばれる。

これは、パートナーが計画を立てることを助けたり、作業をこなすことを手伝ったり、

共にゴール達成することを意味している。

6. 犠牲

恋愛関係の破局を防ぐには、自分の興味や欲望を犠牲にする場面は避けられない。

多くの研究結果は、自己犠牲の精神を発揮できるかが分かれ道だと実証している。

しかし、これもやりすぎると、メンタルヘルスを損なうので注意が必要。

7. ランダム親切

自分のパートナーに対して、予定のない親切をランダムに行う。

例えば、いきなりプレゼントをあげたり、自分の当番でない家事を手伝ってあげたりなど。

細かい親切をランダムに行うことで、関係性が強つ繋がっていく。

8. チーム化

長続きするカップルほど、自分たちを個人ではなくチームとして捉える傾向がある。

チームとして考えることにより、日常の選択が「自分のため」ではなく「私達のため」という軸をベースに行われて、

結果として2人の関係が長続きすることになる。

9. ストレス低減

多くのカップルが別れるときを研究すると、仕事のトラブルや家計の危機が引き金になりがちだという。

そのため、お互いのストレスを低減させる方向に働きかけることがカギになる。

相手がストレスを抱えているときに、自分もイライラしても、お互いのストレスが増えるだけなので、

優しく話を聞いてあげたり、気分転換に出かけたりするのも解決策としてあり。

10. 客観視

日々の会話のなかで、定期的に以下のような議題について話し合い、

2人の関係性を客観的につかんでおくと、さらに仲が強固になる。

「私達の関係がこれからどうなっていくのか?」

「いま、私達に問題点はあるか?」

「お互いに、今どのような関係性を築いているか?」

11. 祈り

いくつかの研究により、パートナーの幸せを祈ることで関係性が長続きする事実を示している。

これは、ただ単にスピリチュアルの話ではなく、相手のために祈る作業がマインドフルネス瞑想のように働き

2人の関係性に集中できるようになるからだという。

12. ユーモア

ユーモアは強固な関係性を築くために必須。

ただし、オゴロスキー博士曰く

「大事なのは、あなたがいかに面白い人間かということではない。

いかにユーモアを使って、2人のストレスや緊張をやわれげられるか」とのこと。

専門的には「自己高揚的ユーモア」と言う。

13. 同一行動

簡単に言うと、楽しいことを2人で体験することが大事ということ。

よく言われることですが、その効果は無数の研究結果で実証されている。

 

オゴロスキー博士曰く

「パートナーと一緒に余暇を楽しむとコミュニケーションが増え、

お互いの役割がはっきりし、満足度が高まる」とのこと。

大切なのは、お互いの関係性の中で立ち位置が決まることらしい。

14. 感謝の誇示

頭の中で感謝するだけでなく、ちゃんと目に見える形で感謝を伝えるほど、

人間関係は強固になっていく。

相手がこちらの感謝をちゃんと認識することがポイント。

「ありがとう」と言葉に出したり、前述のようなランダム親切を行うことが大切。

リア充は煙たがられる

今回は「異性と素敵な関係が長続きする14の秘訣」について、オゴロスキー博士の論文を載せてみました。

できてる!と思った項目もあれば、できてないなぁ・・・と思った項目もあったのではないでしょうか。

日本人は、自分の幸せやカップルの仲の良さを人に話すと妬まれたりしますからね。

(リア充とかは、煙たがられる)

なかなか、上手くいっているカップルの秘訣などは、このようにまとめて出ていたりしないのではないでしょうか。

また、カップルではなくても、友人関係、会社での人間関係でも応用できる14項目だと思いました。

ぜひ、今後の参考にしてみてください。

http://shoyotsuya.com/binaryoption-20180904/

あわせて読みたい
ジャネーの法則 時間管理術
時間は平等ではない!?オハイオ州立大学の実験で分かった時間が増える人の条件8月も最終日になりましたね。 1ヶ月あっという間だったなぁ~と感じる人もいると思います。 時間が早く感じるとき、遅く感じると...